東広島市のすごい外壁塗装店

ご近所の施工宅

【ASTEC】ラセットブラウン、ライトクリーム、トスカニー、クールホワイト コーキング打ち換え屋根・外壁塗装

2024年01月15日

皆さんこんにちは。
代表の本森です。

今回ご紹介するのは、こちらのお宅の塗り替え工事です。

塗り替え前/塗り替え後
 

施工の様子をご紹介します。

 

施工の流れ


施工の全体的な流れをご紹介します。
使用した材料を、工程と一緒に表記しています。
材料選びの参考にしてみてください。

下地処理

・コーキング打ち替え
・高圧洗浄

屋根塗装

・下塗り【ASTEC】サーモテックシーラー(グレー)
・中塗り【ASTEC】スーパーシャネツサーモF(ラセットブラウン)
・上塗り【ASTEC】スーパーシャネツサーモF(ラセットブラウン)

付帯部塗装

・ケレン
・下塗り【日本ペイント】ハイポンファインデクロ(白さび)
・中塗り【ASTEC】マックスシールド1500Si‐JY 3分艶(クールホワイト)

養生

外壁塗装

・下塗り【ASTEC】エポパワーシーラー(透明)
・中塗り【ASTEC】超低汚染リファイン1000MF-IR 3分艶(トスカニー、ライトクリーム)
・上塗り【ASTEC】超低汚染リファイン1000MF-IR 3分艶(トスカニー、ライトクリーム)

養生撤去

付帯部塗装

・上塗り【ASTEC】マックスシールド1500Si‐JY 3分艶(クールホワイト)

清掃、手直し

 

材料の紹介


今回使用した材料をご紹介します。
塗り替えの際の、参考にしてみてください。

屋根
・下塗り材【ASTEC】サーモテックシーラー(グレー)
・上塗り材【ASTEC】スーパーシャネツサーモF(ラセットブラウン)

外壁
・下塗り材【ASTEC】エポパワーシーラー(透明)
・上塗り材【ASTEC】超低汚染リファイン1000MF-IR 3分艶(トスカニー、ライトクリーム)

 

付帯部
・下塗り材【日本ペイント】ハイポンファインデクロ(白さび)
・上塗り材【ASTEC】マックスシールド1500Si‐JY 3分艶(クールホワイト)

 

下地処理


良い塗装には、良い下地が大切です。
下地の良し悪しは、仕上がりを左右します。
仕上がりが綺麗なだけではなく、それを長期的に維持することにも影響します。

少しでも、外壁の機能を維持できるように、たつみ塗装は下地処理に力を入れています。

 

コーキング打ち替え


まずは、コーキングの打ち替えから始まります。
コーキングの主な役割は、防水です。

経年に伴って、必ず劣化が起こり、コーキング材にひび割れが発生します。
そこから水が入り、雨漏りや腐食の原因となるので、定期的な交換が必要です。

まずは、コーキング材の撤去です。
ひとつずつカッターナイフで、壁を傷つけないように作業してきます。
明らかに痛んでいるところだけでなく、全てのコーキングを交換するのがたつみ塗装のこだわりです。

コーキング撤去の様子

コーキング材の撤去が完了したら、プライマーを塗ります。
プライマーには、サイディングボードとコーキング材の密着を促します。
よく密着することで、コーキングの効果を長持ちさせることが目的です。

コーキング充填
 

プライマーが塗り終わると、コーキング材を充填してきます。
空気が入らないように、しっかりと充填することが必要です。

緑色のテープは不必要なコーキング材が、壁に付かないように養生をしています。
コーキング打ち替え後に除去することで、コーキングのラインをまっすぐ出す目的もあります。

ヘラで整えている様子
 

最後に専用のヘラで空気を抜き、綺麗に整えます。
テープを取ったら、コーキングの打ち替えが完了です。

コーキング完了

 

高圧洗浄


コーキングの打ち替えが完了したら、高圧洗浄を行います。
屋根、壁をはじめ、家を一軒丸々の洗浄です。

 

屋根洗浄の様子/屋根洗浄後

壁や土間も同様に、洗浄します。

外壁洗浄の様子
 

高圧洗浄は汚れを落とすだけではなく、雨漏りの確認も兼ねています。
これで、漏れがなければ、梅雨、台風の大雨でも雨漏りが起こることはありません。

たつみ塗装では、下地処理に力を入れています。
徹底した下地処理で、塗料の効果を最大限に引き出します。

 

屋根塗装


下地を整え、ようやく塗装の準備ができました。
上から仕上げていくので、まずは屋根塗装からです。

今回は下塗り材として【ASTEC】サーモテックシーラー(グレー)を使用しました。
遮熱効果を高めるため、遮熱専用の下塗り材を2回塗っていきます。

下塗り1回目の様子/下塗り2回目の様子
 

下塗りの後は、上塗り材を2回塗ります。
上塗り材の1回目を中塗り、2回目を上塗りと呼びます。

上塗り材は【ASTEC】スーパーシャネツサーモF(ラセットブラウ)です。

中塗りの様子/上塗りの様子
 

下塗り材を2回、上塗り材を2回の計4回塗装を行いました。

屋根塗装完了

 

付帯部塗装


付帯部は、雨樋やひさし、水切りなどの屋根、外壁以外の部分です。
外壁を塗装する前に、細かい部分の塗装をしておきます。

ここでもはじめにするのが、下地処理です。
ケレンと呼ばれる作業で、サンドペーパー等で汚れを落とし小さな傷をつけます。
あえて小さな傷をつけることで、塗料の密着性が高まり、保護と美観の効果を高めます。

ケレンの様子 出窓/雨樋
 

水切り、ひさし等の鉄部には、錆止めプライマーを下塗りとして塗装します。
その後、上塗り材を2回塗装します。

下塗り材【日本ペイント】ハイポンファインデクロ(白さび)を使用
上塗り材【ASTEC】マックスシールド1500Si‐JY 3分艶(クールホワイト)を使用

出窓 下塗り/中塗り

 

外壁塗装


付帯部を中塗りで止めておいて、外壁の塗装を行います。
付帯部やサッシに外壁の塗料が、付かないように養生が必要です。

養生が完了したら、外壁を下塗りしていきます。
今回は下地調整材【ASTEC】エポパワーシーラー(白)を下塗りとして使用しました。

外壁下塗りの様子/外壁下塗り完了
 

次に塗る上塗り材のためにも、しっかりとした塗装が必要です。

上塗り材は【ASTEC】超低汚染リファイン1000MF-IR 3分艶(トスカニー、ライトクリーム)を使用しています。

ライトクリーム 中塗り/上塗り
 

トスカニー 中塗り/上塗り
 

ローラーを使って、均一に塗装していきます。
塗料が乾燥してしまう前に、塗装する必要があります。
早く、丁寧に塗装することがポイントです。

上塗り完了

 

付帯部塗装(上塗り2回目)


外壁の塗装が完了したら、養生を撤去します。
先ほど上塗りを1回で止めておいた、付帯部を塗装し仕上げます。

外壁を塗装するには、付帯部への養生が必要です。
するとテープのあとや、滲んだ外壁の塗料がついてしまいます。

これでは、付帯部を掃除してもう一度塗装する必要があります。
ですから、先に外壁を塗装し、後から付帯部を仕上げています。

上塗り 雨樋/破風板
 

 

清掃、手直し


塗装が全て完了したら、清掃と手直しです。
不必要に付着してしまった塗料を除去し、まっすぐ線を出します。

細かいところは、ハケを使って作業します。
色が変わる境界線、サッシとの境界線が、まっすぐだととてもきれいです。

 

完成写真
 

 

お客様からの声


 

facebookでシェア twitterでシェア
 

たつみ塗装工業は下記の地域で「すご腕塗装」をお届けします。

東広島市、東広島市近郊
無料お見積りはこちら