東広島市のすごい外壁塗装店

専門家コラム

外壁を彩る吹き付けリシンの魅力とは?コストとデザインのバランスを考える

2024年05月09日

新築やリフォームを検討する際、多くの家主は外壁仕上げに関してデザイン性とコストパフォーマンスを重視します。
特に、耐久性、コスト、見た目のバランスは、住まいの外観に大きく影響を及ぼす要素です。
本記事では、リシン吹き付けのメリットや適用可能な壁材、他の仕上げ方法との比較を通じて、読者が最適な外壁仕上げを選択できるような情報を提供します。
 

□リシン吹き付けの基礎知識

 
リシン吹き付けとは、モルタル外壁の一種で、特有のザラザラとした質感を出すために細かい石や砂を樹脂やセメントと混ぜてスプレーガンで吹き付ける施工方法です。
この仕上げ方法は、その独特の外観から、モルタル外壁仕上げの中でも広く適用されています。
 
1:施工方法の概要
 
リシン吹き付けは、外壁に細かい骨材を均一に吹き付けることで、独自の質感を生み出します。
この方法により、光沢を抑えた自然な外観が実現されます。
 
2:適用可能な壁材
 
リシン吹き付けは、モルタル、コンクリート、ALCなどの壁材に適用可能で、新築だけでなくリフォーム時にも選ばれることが多い仕上げです。
さらに、無塗装のサイディングボード上に施工することで、防火性能を保ちつつ、塗り壁のような外観を実現できます。
 
3:他のモルタル仕上げとの比較
 
リシン吹き付けは、スタッコや吹付けタイル、左官仕上げ(ジョリパット)など、他のモルタル外壁仕上げと比較しても、コストパフォーマンスとデザイン性の面で優れています。
それぞれの仕上げ方法には特徴がありますが、リシン吹き付けは独自の質感と外観を持ちながら、比較的低コストで施工可能です。
 

□リシン吹き付けのメリットとデメリット

 
リシン吹き付けには、コストパフォーマンスの良さ、落ち着いたデザインで高級感を演出できる点、通気性の良さなど、多くのメリットがあります。
 
しかし、クラックが発生しやすい、汚れが付きやすいといったデメリットも存在します。
これらの特性を理解し、適切に対処することが重要です。
 

*メリットの詳細

 
リシン吹き付けの最大のメリットは、施工コストの低さです。
スプレーガンを用いることで作業時間を大幅に短縮し、材料費も抑えられます。
 
また、その特有の質感は、落ち着いた雰囲気と高級感を同時に提供し、日本の住宅に適した通気性の良い仕上げを実現します。
 

*デメリットとその対策

 
リシン吹き付けのデメリットとしては、塗膜が薄いためクラックが発生しやすく、細かい凹凸が汚れやカビの原因となることが挙げられます。
定期的なメンテナンスや、初期のクラック発見時の迅速な補修が、これらの問題を最小限に抑える鍵となります。
 

□まとめ

 
リシン吹き付けは、コストパフォーマンス、デザイン性、通気性という3つの大きなメリットを持ちながら、適切なメンテナンスによりそのデメリットを克服できる外壁仕上げ方法です。
耐久性と見た目のバランスを重視する家主にとって、最適な選択肢の一つであることは間違いありません。
これらの情報を踏まえ、自宅の外壁仕上げにリシン吹き付けを選択するかどうか、検討してみてください。
facebookでシェア twitterでシェア
 

たつみ塗装工業は下記の地域で「すご腕塗装」をお届けします。

東広島市、東広島市近郊
無料お見積りはこちら